wireless-style

無線LAN

アマチュア無線1

マチュア無線2

免許

トランシーバー1

トランシーバー2

インカム

違法電波

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

インカム

インターコミュニケーションの略でインカム、または、インターコムとも言われています。インターコミュニケーションは直訳すると「内線通話機」ですね。

インカムについて

インカムについては上の通りです。収入を意味することもありますが、今回はこのサイトでは関係ないので、それは無視します。

インカムは同じ建物内や同じ敷地内で使うシステムで、少し前では有線のものが当たり前でしたが、今では、無線の物が多くなっているようです。会社設立をお考えの方は業務に即した無線機を選ぶのが当たりまえですが、人によってはマイクとスピーカーが一緒になったヘッドセットをインカムと呼ぶ方もいるそうです。最近では、結婚式やパーティーなどでのMCなどが使っていることもありますし、工場や工事現場のような手が放せないような場所でも使用されることもあります。

このインカムの最大の特徴は、それ自体では意味が無いので、トランシーバーや携帯電話などと一緒に使用することです。それと、電話のように受話器などを持つ必要がないので、手が塞がれずに、パソコン操作などのようなことをしながらでも、使えることが魅力です。このため、コールセンターでも、多く使用されているようです。コールセンターの場合は少し安価の有線の物を使用していることも特徴です。

日常会話のように複数の人と同時に話すことも可能ですので、バイクでのツーリングでも使用できます。大声で話す必要もなくなり、すり抜けできないなどの理由ではぐれる前に舞ってもらう、そんなときにも使用されますし、冬の時期には、スキーなどでも使用されていたそうです。ただ、バイクの場合はスピードによって、聞きづらくなるときもあるらしいので、ちょっと高性能の物を選ぶといいかもしれません。

インカムを使用していれば、携帯電話やトランシーバーを使用(操作したり、画面を見るなど)していたことによって、道路交通法違反になることはありません。ただし、インカムを使用すれば、現行法では規制の対象外になっています。ただし、確かに規制の対象外になるのですが、運転中に使用する場合は、なによりも安全運転を最優先して下さい。話に夢中になって事故を起こしたなんて事になると、インカムの使用でも規制が掛かることもあります。

インカムの場合だと、双方向の通話ができるそうです。そのため、トランシーバー2のページでも書いたように、携帯電話に慣れてしまった世代でもスムーズに 会話できるそうです。子機同士の情報伝達、親機からのすべての人への連絡、運転中の会話などいろいろな所での活躍が期待できます。

新しい製品

いろんな所で使用してもらうために、最近では免許不要の物が当然になってきています。そのため、オフィスや飲食店、または個人での音声チャットなどでも使用されているそうです。実際に、Yahoo!チャット(現在はYahoo!メッセンジャー)では、音声チャットなどのサービスも行われていました。現在でも、ボイスメッセージを使用できるそうです。

また、耳をふさいでしまい、他の会話や音楽などを聞こえなくしてしまうという問題を解決するために、骨伝導インカムができているそうです。普通の音は耳の鼓膜を振動させて、音として聞きますが、骨伝導は骨や皮膚組織の振動による骨の伝導音を聞く仕組みだそうです。これによって、耳をふさぐこともなくなったので、 他の会話や音楽などを聞こえなくしてしまうという問題がなくなったそうです。

おすすめWEBサイト 5選