wireless-style

無線LAN

アマチュア無線1

マチュア無線2

免許

トランシーバー1

トランシーバー2

インカム

違法電波

リンクについて

基本的にリンクフリーです。特に知らせる必要もありませんので自由に貼ってもらって結構です。

アダルトサイト関連、マルチ商法関系などからのリンクはご遠慮願います。

リンク先でのいかなるトラブル、損失、損害も、当サイトは一切の責任を負いかねます。

無線LAN

無線機と言えば、トランシーバを思い出しますが、パソコンを使っている方の中には、無線LANを思い出す方もいるのではないでしょうか?

無線LANについて

家庭やオフィスで使っている、LANケーブルを無線機を使うことによってワイヤレスにし、インターネットやパソコン同士のファイルのやり取りを行えるようにしたのが、無線LANです。無線LANのメリットはもちろん、LANケーブルが必要ないので、リビングでも自分の部屋でも、寝室でも電波の届くところなら、どこでもインターネットを楽しむことができる所だと思います。配線にも苦労しないので、便利ですが、やはりセキュリティを気にする人も多いようです。

無線LANを使う場合には、無線LANアクセスポイント(親機)とそれをつなぐための子機、つまり、無線LANアダプタが必要になります。親機には、アクセスポイントを備えただけの場合とルータを備えたタイプもありますので、状況によって使い分けましょう(ルータは、ネットワーク間を相互接続ための通信機器です)。ルータが無いのでしたら、ルータも備えた物を選び、すでにルータがあるのなら、アクセスポイントを備えただけの物でいいのです。

アクセスポイント、つまり、親機にはそんなに種類はありませんが、子機のアダプタの方は、いろいろな種類があります。使用するインターフェース(信号の送受信の方法)で選ぶようにしましょう。無線LANを使うのが初めてなら、親機と子機がセットになった物を選ぶと問題は無いでしょう。子機の種類には、USBタイプ、カードタイプなどがありますので、選ぶ際には、どれを使用するべきかを考えて購入してください。USBタイプはもちろん、USBポートがないと使えません。

無線LANのセキュリティ

無線LANの使用可能距離は、屋外では最大100m近くになりますが、もちろん屋外で使うことは少ないので、屋内の最大30mと考えていいでしょう。つまり、2階建て程度の家ならすべての部屋で使えることになります。アパートの場合には、隣近所でも使うことができる場合もありますし、使う場所は家の中心とは限らないので、隣の家の方でも使用できる場合があります。

そうなると、気になるのはセキュリティ面です。世の中いい人だけではないので、クラッッカーやハッカーと呼ばれる人が悪用する可能性もあります。結論から言うと、無線LANはもちろん電波を飛ばしているので、誰でも通信することができてしまいます。そこで、通信の中身を覗き見されないために、無線LANを使う際には通信内容を暗号化することが必要になることも多いです。

暗号化の方法は、WEPやWPAやWPA2、IEEE 802.11iなどがあります。一般的なのはWEPやWPA、WPA2だと思います。ただし、WEPでは充分なセキュリティではないとされていますので最低でもWPA、できればWPA2で暗号化しましょう。

ちなみに、「IEEE」の読み方は「アイトリプリイー」です。「アイイーイーイー」なんて言ったら笑われてしまうので注意しましょう。IEEEは電気電子技術者学会の電気や電子工学、コンピューターなどの分野における技術の標準規格を定めていて、その多くはISOという国際標準化機構によって国際標準として採用されています。

他のメーカーとの相性は?

基本的には、同じ規格同士なら相互通信できるのですが、稀に機器同士の相性によって通信できなかったり、できても問題が起きる場合もあるそうです。しかし、Wi-Fiロゴマークがついている同士なら、第三者機関で検証済みなので大丈夫でしょう。

注目サイト

ベビーカー